使い方について | 避妊なら低用量ピル!通販でも買えるので恥ずかしくない!
頭が痛い

使い方について

正しく使用すれば避妊率はなんと100%とも言われる低用量ピル。女性を守るなんとも頼もしいお薬だといえるでしょう。とはいえ、いつから飲むの!?どのタイミングでどれくらい飲むの!?という声も多くあります。
正しく服用して確実に身を守るために使い方を知っておきましょう。

避妊目的と生理調整という目的に低用量ピルは使われますが、避妊目的の場合について説明します。
避妊目的の場合、生理初日に一錠を服用します。これにより避妊効果をこの日から得ることが出来ます。しかし生理初日に服用出来ず、二日目から七日目あたりで飲み始めた場合はそのまま飲み続けると飲み始めから二週間後から効果を得ることが出来ます。ただし、八日を過ぎてしまった場合は今回の生理周期では効果を得られないので次の生理まで待つようにします。
毎日飲むのってたいへん!忘れたりするのは心配という人は21錠だけでなく28錠タイプの低用量ピルを利用してみましょう。偽薬があるのでシートにそって順番に飲んでいくことで飲み忘れを予防出来ます。21錠タイプのピルは実薬21錠を飲み休薬7日過ごしてまた次のシートの実薬21錠という繰り返しになりますが、この休薬期間が忘れることの多い期間でもあります。偽薬を含めて飲み続けることによって忘れるということを防ぐのです。

ちなみに飲む時間帯はいつも同じ時間帯にしておくようにしましょう。効果が得られないという話ももちろんですが、たとえば晩御飯のあとに飲むなどと決めておくことで癖がつき忘れにくくすることも出来ますよ。